YUSUKE SASAKI

風の詩

作詞YUSUKE SASAKI
作曲YUSUKE SASAKI
信じ抜いたり 裏切られたり 頭の中は騒がしいや
皆変わらず自分勝手さ 気付かなくても 気付いても

いつも僕らの真上で光る陽の有り難さに感謝して
ちょっと高尚に見下したりしたおかげで僕は解ったのさ

愛想笑いに疲れたのは 繋がりたいと願ったから
涙の訳を知りたいのは 自分のことと似ているから
扉の鍵を無くしたのは 誰かの声に預けたから
後悔ばかりが目立つのは 昨日を越えた今日だから

今 消えそうな思い出と 忘れてしまいそうなナキゴエと
思い出せそうなこの時が 今の僕になるための僕

突き放したり 抱き締めたり 心の中は騒がしいや
相も変わらず自分勝手さ きっといつまでもこのまんま

いつも僕らの真横で走る時間や笑顔に置いてかれ
黙り込んでは奥の奥まで旅して僕は解ったのさ

孤独が少し心地好いのは いつも隣が騒がしいから
頭ばかりが大きくなるのは よろめきながら歩けるから
言葉の隅が埋まらないのは 心の隅に隠れたから
夢のような嘘を吐いたのは そんな本当を祈ったから

今 消えそうな星空と 届いてしまえそうなこの距離と
触れることのないこの歌が 今の僕が歩ける場所

震えた声が真っ直ぐ届く ぶつかった肩がすれ違う
遠ざけるための醜い言葉が誰かの芯まで揺らしてる
心じゃまだまだ足りないから言葉や物に託したのに
伝わらないから何回だって同じところでもがいてる

今 砕けそうなこの夢と 遠い昔に描いた夢を
繋いだことは確かなこと 今の僕が歩いた場所

正しさばかりに惚れ込んで 失くしてしまいそうなこの声が
誰にも届きはしなくても 大切だってこと 思い出した

愛し合ったり いがみ合ったり 瞼の裏は騒がしいや
ずっと変わらず自分勝手さ きっといつまでもこのまんま
SHARE: